2018年11月28日

翻訳希望の洋書

また買い物してしまいました…。
結構買ってるなぁ。
この時期はブラックフライデーで安く買えるので危険ですね。
デックも安かったので、3ダースほど購入。
普段使っているレギュラーバイシクルではないので、
練習用にはなりますがいい買い物だったと思います。
あと、カズさんの本も予約注文してしまった。
とりあえず、まずは一冊消化しよう。



さて、昨日の流れで洋書についての記事を。
個人的に翻訳して欲しい手持ちの洋書をあげてみます。
一応手順は時間をかければ大体読めるんですが、
理論のところなどは是非日本語で読んで理解を深めたいです。


○THE DAI VERNON BOOK OF MAGIC
なぜこれが訳されてないのか分からないくらいの名著。
僕がヴァーノン大好きなのもありますが、
日本のマジシャンにもかなりの影響を与えたプロフェッサーの作品集。
読みたい人は多いと思います。
自分としては、さらにイナーシークレッツシリーズなど
他の著書も入った合本(持っている本の中で多分一番分厚い!)、
「The Essentional DAI VERNON」を訳してほしい。

○The Collected Works of Alex Elmsley
エルムズレイの作品集。
洋書自体手に入りにくいのもありますし、
作品も悪魔的に賢い作品が多く日本語になっていない原理もあると思います。

○THE BOOKS OF WONDER
これを一番訳して欲しいと思ってる人も多いのでは。
トミーワンダー氏はDVDシリーズなども日本語訳されてますが、
実際お会いしたこともありますし、とても好きなマジシャンです。
この本も理論を書いた章がたくさんあり、読み応えがありそうです。

○DRAWING ROOM DECEPTIONS
ガイホリングワース、大好きなんです。
作品の芸術的な完成度の高さ、カッコイイですよね。
DVDシリーズもよく見てます。
ウェイビングエーセスは自分なりのハンドリングも作るくらい
いじり倒してますし、
最近出たカップ&ボールのレクチャーノートも買いました。
氏の作品は期待を裏切らないので良いです。
これは全作品じっくり読みたいです。
でも、難易度は恐ろしく高いだろうなぁ。



他にもポールハリスやマルローの本も読みたいですが、
厳選してこんな感じでしょうか。
自分で理論のところもスラスラ読めるくらい
英語力を上げるのが一番良いのでしょうけどね。
posted by ケンジ at 22:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

マジックの翻訳出版予定

久しぶりに、EMCシリーズを見返してみました。
マスターファイルのディスク1と2。
レナートグリーン、やっぱり面白いですね。
アルミホイルで頭巻いて、
先をアンテナみたいに尖らせてる部分で
笑ってしまいます。
あとトップショットは何度見てもかっこいいです。



また東京堂出版から、マジックの本が出ますね。
今度はカズカタヤマさんの本で、
日本人マジシャンの作品が多数まとまってるものなので
もう楽しみです。
なんだかんだでマジックを学ぶ媒体としては
本が一番好きで、条件反射で買ってしまいます。

ネット上で調べた感じ、
これから翻訳されるものとして
◯カードカレッジ・ライテスト(ロベルトジョビー)
◯インオーダートゥアメイズ(ピットハートリング)
◯アウトオブコントロール(クリスケナー)
などが予定されているようで。

最近の自分の傾向として、
セルフワーキングはあまり好きじゃないことが分かってきたので
カードカレッジ・ライテストは優先度が少し低め。
でもまたセルフワーキング好きになるかもなので
やはり持っておきたいです。
ライトとライターも持ってるし、揃ってないと気持ち悪いですしね。
その考えもコレクター的で危険ですが…。

インオーダートゥアメイズは、好きなマジシャンである
ピットハートリング氏の著書でかなり評判も高いようなので
マストバイですね。
メモライズドデックの本のようですが、
ようやくネモニカを活用できる…のかな?
スタックは覚えたけど、ルーティンとして
レパートリーに入ってないのでなにかしら覚えたいです。
あと、買い逃したカードフィクションズの翻訳本も
追記が入ったものが洋書で出るらしいので、
そちらも再度翻訳されて出版されないか期待です。

そしてアウトオブコントロール。
これも洋書は持ってて、中身の面白さは納得済み。
カード、コインだけでなくロープや輪ゴムなど
バラエティーに富んでいます。
是非日本語版で読んでみたいところです。
僕が持っているものに未収録のものも
プラスされたのが翻訳されるようなので早く読みたい。

あ、あとはマークウィルソンの続編ですね。
あれも来年には出るのかなぁ。
ごつい本をたくさん買ってるので、
しっかり消化もしていかないとですけどね。
posted by ケンジ at 22:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

山火事トライアンフ

レパートリーにしているトライアンフで、
佐藤総さんの山火事トライアンフがあります。


最初に見たのは「トランプと悪知恵」のもので、
フレンチドロップのサイトで動画で見た気がします。
説得力があるディスプレイで衝撃的でした。




で、しばらくたって「card magic designs」が
発売され、そちらにもバリエーションとして
「ブッシュファイア・トライアンフver.1.5」が解説されました。




結果的に言うと今はver.1.5の方をレパートリーにしてます。
一度体で覚えてしまえば、ほかのトライアンフより確実に演じられ
ビジュアルに訴えかけるので重宝しています。


で、上記二作品ですが。
どこが違うかというと、大きく違うのは
2枚のカードを当てるか1枚のカードを当てるかということです。

トライアンフでは、最終的に表向きで出てくるカードが多いほど
混ざった感のあるディスプレイが可能になりますが、
個人的にはやはりシンプルに1枚だけ表向きというのが好きです。
4枚のAが出てくる、なんていうのはちょっと違うなと思ってしまいます。

しかし1枚だけでは混ぜたあとのディスプレイが弱いし、
混ぜれば混ぜるほどそれを直すムーブが増えてしまう。
佐藤さんのこの作品では、そのムーブが流れの中に紛れて
印象に残らないようになっています。
このバランスの良さがとても好きです。


20181113004351637.jpg

上が悪知恵の方のトライアンフで、下がver.1.5の方の最終ディスプレイ。
こうして見比べてみると、前者の方が縦に長く後者の方が全体的に広がっている感じ。
また種の都合上、前者はブロックで混ぜるのに対し後者は1枚ずつ配る部分があります。
その分後者のほうが扱いがやや難しいですかね。
でも演じやすくやっていて面白いというのもあるので、オススメの作品です。
posted by ケンジ at 00:44| Comment(0) | レパートリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

マジック熱

マジック熱、ちょっとずつ上がってきてます。
やっぱり新しい本を買ったからですかね。
欲しいものは買うに限りますね。
(自分に言い聞かせるように)


リンクに一件追加させていただきました。
マジックレビューをとんでもない速さで書かれています。
もうHIGH CALIBER読破したのか…見習わないとなぁ。


手持ちの資料を、おおまかに
○レパートリー用(自分が普段演じたいマジック)
○講習用(初心者にぜひ教えたいマジック)
○研究用(上記以外で何かしら興味深いマジック)
の三つに分類し整理していこうと思います。
新しくブログも作ってちょこちょこ書いていってますが、
今のところこれが自分的にはベストな整理の仕方かなと。
あとはDVDの整理の仕方ですね。
これはどうしようかなぁ…もう少し考えます。
posted by ケンジ at 00:41| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

カードカレッジ

カードカレッジ5巻買いました。
最近がっつりした書籍をいくつか買えたので嬉しい。
頑張って消化していきます。


最近は他にも、また洋書を少しずつ読んでいってます。
やっぱり洋書には、あまり出回ってないアイディアが多く載っている気がします。
刺激がたくさんもらえて良い感じです。
読み終わったらレビューにもしたいですが、
まだ当分先かな。



20181107213648707.jpg
posted by ケンジ at 21:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月02日

Treasures

0060010009622.jpg



だいぶ空いてしまった…。
生きてます。とりあえず。

カードカレッジライトとかライターとかハイカリバーとか買いました。
ライトとライターは正直いらなかったなぁ。
手持ちの資料に載ってるのが多かった…
本としては、とても良い本だと思います。


久しぶりのレビューでも。
Alexander De Cova氏のDVD、Treasuresです。
以下、内容。
(現象説明:i-magic)


Chinese Money Mystery
左右の手にコインを4枚ずつ握りますが、
おまじないをかけると、
すべてが右手に移動してしまいます。

コインズアクロスです。
このあとにハンピンチェンをやって2段構成にするといいですね。


Super Easy Triumph
チーク・トゥ・チークのバリエーションです。
トライアンフを簡単に行えます。

Purse Swindle
シルクを消し、パースから出現させます!
もう一度、シルクを消しますが、
今度はフレームだけ(がま口の口だけ)のパースから出現させます。
握りこぶしに押し込んで消す方法とは一味違った珍しい方法でシルクを
消しますので、きっと参考になると思います。

この消し方、フリッキングフィンガーズのDVDで見た!
本当に少しずつ小さくなって消えた感があってすごくいいです。


Premonition Box
デックをスイッチできるボックスの解説です。
かなり自然な形でスイッチが可能な構造。
いいんですけど、自作できるかなぁこれ…。
手順も紹介して欲しい。


Stand-Up Deck Switch
シルクを使うことにより、
立ったままでデックスイッチが行えます。
あやしさがなく自然に行えます。
流れのなかでこれをやられたら全く気づかないと思います。


Ring-O-Matic
指輪をグラスにいれ、さらにそれを帽子の中に入れます。
その中にロープを端が見えたままの状態で
たらし持ち上げるだけで、指輪がロープに通ってしまいます。
これをもう一度繰り返します。
サロンマジックにすごく良い。
この道具がほしくなりました。


Gumball Machine
ガムボールのガチャガチャマシーンの中に
いろんな色のスポンジが入っており、
いくつかを取り出して握りますが、不思議とすべて消えてしまいます。
両手をパッと開いて消すので説得力があります。


Boxed Transposition
カードを選んでサインしてもらいます。
4枚のキングをカード・ボックスに
しまったのち、サインしたカードをテーブル上でこすると
消えてしまいます。ボックスを開けキングを取り出すと、
サインカードが間に挟まれて出現します。
これいいですね。
サインカードの移動としては相当クリーン。
レパートリーにしたいです。


9-Card Monte
8枚のダイヤの9の中にあるジョ-カー1枚を当てるというモンテ。
最終的にジョーカー8枚とダイヤの9が1枚に変化してしまいます!
キャロルのモンテですね。
エンドクリーンなところが良い。


Disc 2

Flash Restoration
カードを4つに破いたのち、1つの破片をテーブルに置いて
残りの破片をデックの上に乗せます。
上から叩いた瞬間に、なんとカードが復活し、
テーブルの破片とも一致します。
準備が少し手間ですが、ビジュアルさは抜群。


Cups & Balls Moves
カップ・アンド・ボールに使える技法を解説。
演技だけでも見る価値ありです。
自然な動きで、ロードもスティールも行える優れた方法。


Blank Cheque Transpo
サインしてもらったお札が、シルクの中で消えてしまいます。
お札は、なんとサインのときに使用した
マジックペンの中から出現します!
不可能な場所への移動。受けそうです。


Pro Card To Wallet
パームのいらないカード・トゥ・ウォレットです。
本当に実用的な作品に仕上がっています。
ギミックを使用し、かなりクリーンに仕上がってます。


Ball To Silk
投げ上げたボールをキャッチすると、
一瞬にしてシルクに変わってしまいます!!
悔しいくらい不思議で、めちゃくちゃビジュアルです!
初見で声を上げない方はいないと言っても過言ではないほどです!
方法も難しくなく実用的。
ボールを使ったルーティンに是非取り入れたいです。


A New Rope Move
1本のロープの端が増えていき、2本になり、
また元に戻っていきます。美しい手順です。
イロジカルな部分がユニークです。
お喋りをしながら演じると面白そう。


Chopstick Vanish
スポンジボールを使った手順の解説です。
かなりクリアーに見えるバニッシュ技法が含まれています。
普通のバニッシュも綺麗なので、参考になりました。


Master Silks Routine
4枚あるシルクを示し、2枚を結んでペールに入れ、
もう2枚は結ばずにテーブルへ置きます。
おまじないをかけると、結んだシルクはほどけており、
テーブルの2枚が結ばれてしまいます。
解説を聞けば誰もが感心するでしょう。

確かに意外な解法で驚きました。
かなりクリーンに現象が起こります。


Disc 3

Vanishing Cane
バニシング・ケーンの彼なりのアプローチです。
普通の消失のしかたと違うので新鮮に見えます。


Stand-Up Flurry
ワンコイン・ルーティンの手順を解説してくれています。
ジャンボコイン、一般的なものよりでかくないですかねこれ?


Seven Card Monte
黒いスポットカード6枚と、ハートのA1枚を使って行うモンテ手順。
なぜか、ハートのAがデックの中やトップに移動してしまいます。
ギャフを使い、二度の移動現象を行います。


McDonalds Aces
マクドナルド・エーセスのバリエーションです。
エースのプロダクションから入る素晴らしい構成になっています。
これは良いですね。
少しハンドリングを変えて、レパートリーにしたいです。


Hangman Plus
カードを選んでサインをし、デックに戻します。
メモ用紙には簡単な絵が描かれており、
それを折りたたんでデックに挟みます。おまじないをかけ、
挟んだメモ用紙を開くと絵は消えていて、
サインカードの裏に移動しています。
ビジュアルな要素は少ないものの、受けそうな手順です。


Ordered Surprise
順番に揃ったデックからジョーカーを取り出し、
折りたたんでクリップに挟みコップに入れておきます。
次に、カードを選んでサインをしてもらい、
デックに戻してよく混ぜます。
しかし、デックを広げると順番が揃っており、
1枚だけ裏返っています。裏向きのカードをめくると、
何と折りたたんだはずのジョーカーで、
コップの中に入れたカードを広げるとサインカードになっているのです!!

最初にカードを折って置いておく部分で
オチが予測できそうですね。


Spring Gag
ボールペンを分解すると、
中からあり得ないサイズのバネが出てきます。
面白い小ネタです。


Slot Machine
沢浩氏のマジックのバリエーション。
コインを握った拳に鉛筆を立て、
スロットマシーンのレバーに見立てて
鉛筆を倒すと、コインが消えてしまいます。
もう1枚も同じように消え、最後は
メダルで行ってみると、大量のコインが出てきます。
道具を揃えるのが大変ですが、演出が面白い。


Ultimate Coin Penetration
3枚のコインがビニールーぶくろを1枚ずつ貫通していきます。
うまく構成された素晴らしい手順です。
ジップロックにコインをいれておけば良いだけなので、
実用的です。


Lethal Weapon
リーサル・テンダーを使った賢い手順です。
ハーフダラーとチャイニーズ・コインが瞬間に入れ替わってしまいます。


全体的にバラエティーに富んでいて、
アイディアが奇抜なものや、実用的なテクニックなど
何かと参考になるDVDでした。
posted by ケンジ at 09:01| Comment(2) | 簡単レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

JET COIN

レビューばかりなのでたまには違うカテゴリも。
少ないコインマジックの中でも、昔から気に入って演じているジェットコインです。
ふじいあきらさん流3FLYですかね。
核となる技法一つで現象を起こす感じ。
これを取ったのもおそらく15年くらい前だと思うので、
いずれ取り直したいですね。

posted by ケンジ at 22:00| Comment(0) | レパートリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

THREE CARD ROUTINES

81ca5zgZv+L._SY445_.jpg


運動不足なのでウォーキングをしてみました。
気分がうつうつとしてる時には運動も良いって言いますしね。
いつまで続けられるかな…。


ASI WIND氏のDVD。
日本語版も出て評判も上々。
解説されているルーティンは3つと少なめですが、
上質なマジックが解説されています。
以下、内容。
続きを読む
posted by ケンジ at 19:00| Comment(0) | 簡単レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月23日

SMALL MIRACLES

5194T6sKUsL.jpg

ヘルダー氏の最初のDVD。
テクニックもバンバン使いますが、その分現象はビジュアルで強烈なものばかりです。
構成もいいと思います。
僕もこんなマジックを考えたいなぁ。
さて、内容の紹介です。
続きを読む
posted by ケンジ at 19:00| Comment(0) | 簡単レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

図解カードマジック大事典・後編

さて、前回書いた記事の続きを書いていこうかと。
以前見逃したものも再度拾っていきます。
今後やりたいものも入れましょうかね。

○不法建築
澤浩さん考案。
澤さんらしく、お喋りをしながら気軽に行えるトリックです。

○カエルにされた王子
マイケルクローズの名作のお手軽バージョン。
観客のカードを当てる部分も欲しいですね。
カードの変化だけだと種が推測されやすそう。

○デビリッシュミラクル
ここで書かれている現象は原案ではなく
高木さんの「デビリッシュリーダイレクト」に近い
あっさりしたものになっています。

○ダイヤモンド・カット・ダイヤモンド
エルムズレイの、Sディール練習に適しているマジック。
これって、時計のように配置するというアイディアは
どっかで出てますかね?
お客さんの好きな時間に絡めて演技すると面白いかなと思いまして。

○ハイランド・ホップ
パームを使わないカードアクロス。
赤いカードの山から選ばれた一枚が、
黒いカードの山に移動します。
これは巧妙。ロンウィルソン氏の本を読んだときにも
良いなあと思っていたのですが、
これはぜひ先に実演を見たかったものの一つです。

○幽霊ハンカチ
デックをハンカチに包むと、観客の選んだカードが動き出して出てくる。
ゴーストハンカチーフを使う、JCワーグナーの名作。
ヴァーノンにも褒められた手順とのこと。

○シルバー・スライド
ポールハリスの作品。
4枚のカードの下からそれぞれコインが現れる。
コインアセンブリーの前に演じたい。

○観客の思ったカード
ヴァーノンのメンタルマジック。
観客が心に思ったカードを聞くことなく当てます。
ゆうきともさんの「新・思ったカード」を何度か演じましたが、
良いリアクションをいただけました。


ということで、ざっと見てみて興味のあった作品を並べました。
おそらく見返すたびに発見があると思うので、
また定期的に見直してみようと思います。
posted by ケンジ at 19:00| Comment(0) | 簡単レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする